ディズニー都市伝説!ディズニーランドに鏡がな本当の理由…

ディズニー都市伝説 恐怖

 

ディズニーランドは出来るだけ、現実世界を思いださないように工夫されて作られていると言われている。

 

そのために日常生活の中には、当たり前のようにあるものも敢えて作らないようにしていることが多々あるようだ。

 

ディズニーランドの中から外の景色っていうのは、ほとんど見ることが
出来ないのはよく知られている。

 

アトラクションの高いポイントに言ってもあまり見ることが出来ない。

 

これはディズニーランドの周りが草に覆われているためなのだが、これも現実世界に戻らないための工夫と都市伝説では言われている。

 

続きます…

 

スポンサーリンク

 

ウォルトディズニーが冷凍保存されている真相

 

外の世界、つまり日常の空間っていうのを見ることになると現実世界に戻ってしまうことになるため、それを防いでいるのである。

 

こういったところにディズニーランドの工夫が隠されているのだが、そういった工夫はトイレにも隠されていると言われている。

 

ディズニーランドのトイレには鏡が一切ない。

 

あまり意識して見たという人は案外少ないかもしれないが、これも日常生活に戻らないための工夫であり、トイレで鏡を見てしまうと現実世界に戻ってしまうという都市伝説がある。

 

また、この鏡はトイレが混雑するのを防いでいるという役目もある。

 

トイレに鏡があると、そこで化粧直しなどが始まってしまうために混雑することになる。

 

連日、多くの人が混雑しやすいトイレがますます混雑しては大変だということで敢えて鏡を置かない演出をすることによって混雑するのを防いでいる。